小顔矯正入門

小顔矯正の情報が満載!

小顔矯正の翌日の注意

小顔矯正の翌日の注意 女性ならば、おそらく例外なく小顔に憧れていることでしょう。
顔が小さければスタイルもよく見えるし、どんな服装でも似合うものです。
ですから、自分でフェイスマッサージをしたり髪型を変えたりして小顔を作ろうと努力している人もいますが、自分で行なうには限界があります。
そこで、専門のクリニックで小顔矯正してもらうこととなるのです。
小顔矯正は、手応えがしっかりしていて即効性があるのが大きな特徴です。
顔のむくみがとれることで、締まりのある小顔になったり、彫りの大きい端正な顔に早変わりしてしまいます。
あわせて、しわが目立たなくなったり、くすみが取れてきたり、目がはっきりしてくるなどの相乗効果が得られることがあります。
ただし小顔矯正では気をつけなければならない点もあります。
施術を受けた当日は何ともなくても、その翌日に、口渇感や軽い頭痛、顎関節症のように口を開けて笑うのが難しい状態になることも、ときおり報告されています。

小顔矯正の好転反応

小顔矯正の好転反応 女性の熱い視線を集める小顔矯正ですが、人によっては施術後に「好転反応」が表れる場合があります。
好転反応とは、病気の治療や禁酒、禁煙などを行った時、体が正常に戻るまで一時的に起きる体調の変化です。
頭痛や吐き気、肌荒れ、発熱、体がだるくなるなど表れ方は様々で、その人がもともと抱えている体のトラブルが一時的に悪化し、その後は改善に向かうというのが基本的な流れです。
もともと何のトラブルもないところが悪化する副作用とは全く違います。
好転反応は早ければ3日ほど、長くて2週間程度で収まります。
小顔矯正は顔の歪みを整えることで滞っていた血液やリンパの流れを改善する施術で、小顔効果のほかにもデトックスやアンチエイジングによる美肌効果も期待できます。
メスを入れたりレーザーを使ったりする整形とは異なり、その人が本来持っている美しさを取り戻すアプローチ。
施術を受けると初回から効果を実感でき、定期的に受けることで効果を持続することが可能です。

新着情報

◎2018/1/31

サイト公開しました

「小顔 翌日」
に関連するツイート
Twitter